共感チョコレート

「核兵器は必要悪ではなく、絶対悪」

今年のノーベル文学賞受賞のイシグロ氏を
各メデイアがいっせいに、
讃えていたのに、
なんということか、
被爆された多くの死者の思いを代弁されたサーロー節子さんについて、
無視している。

これが民主主義の国のメデイアなのか。

政治家は感想を述べることを禁じられているのか?

安倍晋三氏は広島に原爆が投下された記念式典では
選挙向けPRのために舌の上で核兵器をなくす、とかナントか、
形だけ言ってみせたけれど、本心はアツカンベー128.png
河野太郎氏はペイペイの議員時代は原発廃止と、
叫んでいたのは大臣職獲得PR127.png
ダメ首相128.png、ダメ外務大臣129.pngが世界に通用しないのはあきらかだ。


・・・以下朝日新聞web.サイトからまるごと引用させていただきます。・・・
                 朝日新聞 2017年12月10日23時08分

広島で被爆したサーロー節子さんの講演(全文)


  •  皆さま、この賞をベアトリスとともに、ICAN運動にかかわる類いまれなる全ての人たちを代表して受け取ることは、大変な光栄です。皆さん一人一人が、核兵器の時代を終わらせることは可能であるし、私たちはそれを成し遂げるのだという大いなる希望を与えてくれます。

 私は、広島と長崎の原爆投下から生き延びた被爆者の一人としてお話をします。私たち被爆者は、70年以上にわたり、核兵器の完全廃絶のために努力をしてきました。

 私たちは、世界中でこの恐ろしい兵器の生産と実験のために被害を受けてきた人々と連帯しています。長く忘れられてきた、ムルロア、インエケル、セミパラチンスク、マラリンガ、ビキニなどの人々と。その土地と海を放射線により汚染され、その体を実験に供され、その文化を永遠に混乱させられた人々と。

 私たちは、被害者であることに甘んじていられません。私たちは、世界が大爆発して終わることも、緩慢に毒に侵されていくことも受け入れません。私たちは、大国と呼ばれる国々が私たちを核の夕暮れからさらに核の深夜へと無謀にも導いていこうとする中で、恐れの中でただ無為に座していることを拒みます。私たちは立ち上がったのです。私たちは、私たちが生きる物語を語り始めました。核兵器と人類は共存できない、と。

 今日、私は皆さんに、この会場において、広島と長崎で非業の死を遂げた全ての人々の存在を感じていただきたいと思います。皆さんに、私たちの上に、そして私たちのまわりに、25万人の魂の大きな固まりを感じ取っていただきたいと思います。その一人ひとりには名前がありました。一人ひとりが、誰かに愛されていました。彼らの死を無駄にしてはなりません。

 米国が最初の核兵器を私の暮らす広島の街に落としたとき、私は13歳でした。私はその朝のことを覚えています。8時15分、私は目をくらます青白い閃光(せんこう)を見ました。私は、宙に浮く感じがしたのを覚えています。

 静寂と暗闇の中で意識が戻ったとき、私は、自分が壊れた建物の下で身動きがとれなくなっていることに気がつきました。私は死に直面していることがわかりました。私の同級生たちが「お母さん、助けて。神様、助けてください」と、かすれる声で叫んでいるのが聞こえ始めました。

 そのとき突然、私の左肩を触る手があることに気がつきました。その人は「あきらめるな! (がれきを)押し続けろ! 蹴り続けろ! あなたを助けてあげるから。あの隙間から光が入ってくるのが見えるだろう? そこに向かって、なるべく早く、はって行きなさい」と言うのです。私がそこからはい出てみると、崩壊した建物は燃えていました。その建物の中にいた私の同級生のほとんどは、生きたまま焼き殺されていきました。私の周囲全体にはひどい、想像を超えた廃虚がありました。

 幽霊のような姿の人たちが、足を引きずりながら行列をなして歩いていきました。恐ろしいまでに傷ついた人々は、血を流し、やけどを負い、黒こげになり、膨れあがっていました。体の一部を失った人たち。肉や皮が体から垂れ下がっている人たち。飛び出た眼球を手に持っている人たち。おなかが裂けて開き、腸が飛び出て垂れ下がっている人たち。人体の焼ける悪臭が、そこら中に蔓延(まんえん)していました。

 このように、一発の爆弾で私が愛した街は完全に破壊されました。住民のほとんどは一般市民でしたが、彼らは燃えて灰と化し、蒸発し、黒こげの炭となりました。その中には、私の家族や、351人の同級生もいました。

 その後、数週間、数カ月、数年にわたり、何千人もの人たちが、放射線の遅発的な影響によって、次々と不可解な形で亡くなっていきました。今日なお、放射線は被爆者たちの命を奪っています。

 広島について思い出すとき、私の頭に最初に浮かぶのは4歳のおい、英治です。彼の小さな体は、何者か判別もできない溶けた肉の塊に変わってしまいました。彼はかすれた声で水を求め続けていましたが、息を引き取り、苦しみから解放されました。

 私にとって彼は、世界で今まさに核兵器によって脅されているすべての罪のない子どもたちを代表しています。毎日、毎秒、核兵器は、私たちの愛するすべての人を、私たちの親しむすべての物を、危機にさらしています。私たちは、この異常さをこれ以上、許していてはなりません。

 私たち被爆者は、苦しみと、生き残るための、そして灰の中から生き返るための真の闘いを通じて、この世に終わりをもたらす核兵器について世界に警告しなければならないと確信しました。くり返し、私たちは証言をしてきました。

 それにもかかわらず、広島と長崎の残虐行為を戦争犯罪と認めない人たちがいます。彼らは、これは「正義の戦争」を終わらせた「よい爆弾」だったというプロパガンダを受け入れています。この神話こそが、今日まで続く悲惨な核軍備競争を導いているのです。

 9カ国は、都市全体を燃やし尽くし、地球上の生命を破壊し、この美しい世界を将来世代が暮らしていけないものにすると脅し続けています。核兵器の開発は、国家の偉大さが高まることを表すものではなく、国家が暗黒のふちへと堕落することを表しています。核兵器は必要悪ではなく、絶対悪です。

 今年7月7日、世界の圧倒的多数の国々が核兵器禁止条約を投票により採択したとき、私は喜びで感極まりました。かつて人類の最悪のときを目の当たりにした私は、この日、人類の最良のときを目の当たりにしました。私たち被爆者は、72年にわたり、核兵器の禁止を待ち望んできました。これを、核兵器の終わりの始まりにしようではありませんか。

 責任ある指導者であるなら、必ずや、この条約に署名するでしょう。そして歴史は、これを拒む者たちを厳しく裁くでしょう。彼らの抽象的な理論は、それが実は大量虐殺に他ならないという現実をもはや隠し通すことができません。「核抑止」なるものは、軍縮を抑止するものでしかないことはもはや明らかです。私たちはもはや、恐怖のキノコ雲の下で生きることはしないのです。

 核武装国の政府の皆さんに、そして、「核の傘」なるものの下で共犯者となっている国々の政府の皆さんに申し上げたい。私たちの証言を聞き、私たちの警告を心に留めなさい。そして、あなたたちの行動こそ重要であることを知りなさい。あなたたちは皆、人類を危機にさらしている暴力システムに欠かせない一部分なのです。私たちは皆、悪の凡庸さに気づかなければなりません。

 世界のすべての国の大統領や首相たちに懇願します。核兵器禁止条約に参加し、核による絶滅の脅威を永遠に除去してください。

 私は13歳の少女だったときに、くすぶるがれきの中に捕らえられながら、前に進み続け、光に向かって動き続けました。そして生き残りました。今、私たちの光は核兵器禁止条約です。この会場にいるすべての皆さんと、これを聞いている世界中のすべての皆さんに対して、広島の廃虚の中で私が聞いた言葉をくり返したいと思います。「あきらめるな! (がれきを)押し続けろ! 動き続けろ! 光が見えるだろう? そこに向かってはって行け」

 今夜、私たちがオスロの街をたいまつをともして行進するにあたり、核の恐怖の闇夜からお互いを救い出しましょう。どのような障害に直面しようとも、私たちは動き続け、前に進み続け、この光を分かち合い続けます。この光は、この一つの尊い世界が生き続けるための私たちの情熱であり、誓いなのです。


注:ベアトリスさん→国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン

               (ICAN)の事務局長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
# by natsutou5738 | 2017-12-11 21:00 | 野原千代・ヤマトシジミ

 サーロー節子さん[日本政府は尊敬と信頼を失っています]

今年のノーベル平和賞を受賞した
国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の
「顔」として、広島での被爆体験を世界で証言してきた
サーロー節子さん(85歳)のスピーチを
ライブ(日本時間12月10日夜)で聞くことができた。

(TBSのライブストリームに感謝である)

サーロー節子さん自身もおっしゃっていらっしゃるが、
世界的な若い力がリンクした賜物なのだろう。

原爆の怖さを知らない世界中の多くの人々に伝えようとする
人道的な若い力が結集されている片方で


日本政府は被爆国で
あることを忘れよう、忘れようと、無視し続けている。
恥よ!あべ政権

原爆を製造、投下したのはアメリカである。

日本政府がアメリカに遠慮するのは何故か?

日本の将来ある若者たちが考える時間を持てるよう文科省は何をしている!?

参考:
http://www.asahi.com/topics/word/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E7%AF%80%E5%AD%90.html


117.png118.png130.png116.png115.png

[PR]
# by natsutou5738 | 2017-12-10 23:17 | 戦争も原発も美しくない

安倍チェーン店店長は橋本龍太郎のような気骨を持たない

日本語が追いやられるだけでなく、人が自分の言葉で考えなくなるという
危惧についての在日米国詩人のご紹介。

英語優位の愚民政策がわたしたちの頭を混乱させているのだ。

おかしなことがまかり通っていても、
気がついていても、
あきらめている。



・・・・・・引用・・・

滞日27年、詩人アーサー・ビナード氏の「直感」 「日本語は消滅に向かっている」




「米国の先住民の言葉が絶滅に向かったのは、
貨幣から時間の表記、契約まで何もかも英語を強いられたから。
中身や衝撃度がわかっていないのに
TPP(環太平洋パートナーシップ協定)という言葉だけが独り歩きし、わかった気分になっているうちに、チチンプイプイとだまされる」


安保法制などで国会を軽んじ、内閣で何でも進めようとする
安倍さんに国民がさほど抵抗しないのは、

みな日本が米国から独立していないと思っているからですよ。

安倍さんはチェーン店の店長みたいな人だから言っても仕方ない、
言うなら本社、アメリカだと思っているんです。
プーチン(露大統領)らが日本の外交にあまり興味がないのも、
日本を独立国家だと思ってないからでしょ。

いい政治をしてたとは思えないけど、僕が来日した頃は、
例えば米通商代表部の代表だったミッキー・カンターと
やり合った橋本龍太郎
みたいに、
独立はあり得ると考えていた人がまだいた。今は皆無じゃないかな」

「米国人もそうだけど、日本人は生まれた時から広告を浴びせられている。昨日久しぶりに電車に乗ったら、気持ち悪くて。
今は中(なか)づりだけでなく、画面で広告を流し、
僕が一切興味のない、買いたくもない物を見せられる」。
ここで言う「広告」とは宣伝だけではなく、
わかりやすくまとめ上げられた「ニュース」も含んでいる。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
# by natsutou5738 | 2017-11-29 22:31 | 罠はTPP環太平洋提携協定

自民党集団の石破茂氏いじめはモリ・カケ・サカワ隠し?

自民党の石破茂元幹事長が国税庁の

佐川宣寿長官を批判したのは7月のこと。

そのせいか、自民党からいじめに遭っている模様。

正当な批判を政治家がおこなうことは真っ当な
お仕事でしょ。

真っ当でない政治家は誰でしょうか。
応援本を書いてもらわないと政治家を
やっていけないというのはあべちゃんのことでしょう。

刎頚の友に税金のバラまきをして、
貧困にあえぐ人間の若者たちを絶望のどん底に
追いやって、獣医増勢のための学舎建設特区というのは、いったいなんなんでしょう?

まさか、動物実験施設であったりしませんか?
動物だけではなかったりしませんよね。

ごりごり押しの不用な箱物行政はゴメンだ。
税金の不明朗な使い方はゴメンだ

133.png
・・・・毎日新聞
自民党の石破茂元幹事長は8月19日の
TBSの番組収録で、佐川氏が就任記者会見を
行わなかった対応を批判した。
「地方で話を聞くと『税金を払いたくない』という人が出てきた。
国税庁長官は『皆さん払ってください』という立場だ。それが一切公の場に姿を現さない。
納税者一人一人と向き合っているのか」と述べた。

佐川氏が森友学園問題で財務省の担当局長だったのを念頭に
「報道が偏見だと言うなら、本人が(疑惑を)
払拭(ふっしょく)し、
税金を払っていただけるようにするのが役割だ」と
も指摘した。



・・・・・FRIDAY 引用・・・・・・・・
小学生並み!石破茂元幹事長が自民党内でイジメられている
「11月17日ごろ、自民党所属の国会議員のもとに、
差出人が『自由民主党』とだけ書かれた書面と一緒に“ある本”が届いたんです。各都道府県にある自民党の支部連合会にも、段ボールに詰めて100部ずつ送られてきました。
しかし、その本が石破茂元幹事長(60)のところにだけ届いていないようなんです」(自民党ベテラン秘書)


 その本とは、総選挙直前の10月16日に発売された、文芸評論家・小川榮太郎氏の著書『徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)のこと。「安倍晋三は『報道犯罪』の被害者である」という出だしから始まる“安倍応援本”だ。

「党が全部で5000部以上購入したようです。一緒に送付されてきた書面には『ご一読いただき、「森友・加計問題」が安倍総理と無関係であるという真相の普及、安倍総理への疑惑払拭にご尽力賜りたい』という旨が記されていた。ただ、この本が石破さんの事務所だけでなく、地元であり、彼が会長を務めている自民党の鳥取県支部連合会にも届いていないんです。石破さんに対するイジメ、嫌がらせですよ」(同前)

 にわかには信じがたい話だが、石破茂事務所と鳥取県連に話を聞くと、両者とも「ご指摘の書籍は11月20日現在、届いておりません」という回答だった(鳥取の近隣の島根、岡山の県連は「100冊届いています」とコメント)。まさに自民党内で、小学生並みのイジメが行われているのだ。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏が話す。

「露骨と言いますか、非常に大人げないと思います。『森友・加計問題』疑惑払拭本を配っているということも、それだけこの問題を意識している、危機感を持っているということの証左だと思います。こうした行為はかえってマイナスイメージを招くのではないでしょうか」

 ちなみに石破茂事務所に「こうした石破氏をイジメるような行為についてどう思うか」と聞くと、「コメントする立場にない」とだけ回答があった。11月24日発売のFRIDAY最新号では、本と一緒に自民党の国会議員たちに送付された書面も掲載している。

・・・毎日新聞

国税庁新長官に佐川氏人事 与野党から疑問の声

「森友学園」で野党追及かわし続け、「論功行賞」の見方も

7月5日付で国税庁長官に就任した
財務省の佐川宣寿前理財局長の人事について、与野党から疑問の声が相次いでいる。佐川氏は担当局長として学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で野党の追及をかわし続けたこともあり、「論功行賞」との見方も出ている。佐川氏は国会答弁で、森友側への売却を巡る交渉記録について「昨年6月の売買契約成立を受けて廃棄した」などと繰り返し、野党から「説明を拒み真相解明を阻んでいる」と問題視された 。


133.png117.png135.png137.png139.png131.png115.png115.png115.png115.png115.png115.png115.png115.png115.png115.png115.png115.png115.png



133.png133.png133.png133.png133.png133.png154.png140.png132.png132.png132.png132.png132.png132.png132.png132.png
116.png116.png116.png116.png116.png116.png116.png
128.png


[PR]
# by natsutou5738 | 2017-11-24 22:47 | いじめ・冤罪・亀岡漏洩

警察幹部が逮捕状を握りつぶした 「詩織さん事件」

若手警察官僚は用意された原稿を棒読みしただけだろう。

高輪警察署の捜査員はTBS記者・山口敬之の逮捕状を用意しながらも、
警視庁刑事部長の指示で逮捕を見送った事件である。



・・・・・・・・・・・以下 引用させていただきます・・・・
 http://blogos.com/outline/260627/  田中龍作

準強姦の逮捕状が発行されていながら、被疑者がアベ友のTBS記者であることから警察幹部が逮捕状を握りつぶした -

 いわゆる「詩織さん事件」を追及する超党派の議連がきょう、発足。警察庁と法務省からヒアリングをした。

 警察庁捜査一課を名乗る官僚は冒頭から「東京地検に送致した、不起訴相当と承知している。警察庁としては申し上げかねる」と答えた。済んでしまった事件だからもう言う必要はない、という理屈だ。

 高輪警察署の捜査員はTBS記者・山口敬之の逮捕状を用意しながらも、警視庁刑事部長の指示で逮捕を見送った。

 これについて警察官僚は「逮捕状を取得した後でも証拠を精査した際、執行停止にすることはある」とかわそうとした。

 だが記者出身の杉尾秀哉議員(民進)は、ゴマカシを見逃さなかった。
杉尾議員は記者時代に警察司法回りを4年間経験しているからだ。

 「停止をすることはありうるとおっしゃいましたが、寡聞にして執行停止、
知らない。刑事部長の一存で執行停止、
私はこんなことは少なくとも聞いた事は一件もない。

 よくあることのように仰るが全く事実に反する。
極めて特異なケースであるということをまず認めなければこの会(超党派の会)は成立しない」。

警察官僚は杉尾議員の追及にまともに反論できなかった。

「山口敬之の事件じゃなかったら所轄(高輪警察署)の事件だよ」。
杉尾議員は断言した。

 実際、準強姦で警察本部(東京の場合、警視庁)が
捜査に口を出すことはない・・・多くの警察OBが証言している。
例えば小野次郎氏など。


下は歯の浮くようなヨイショ本『総理』(幻冬舎)。
安倍首相と著者が一体化したような表現が目につく。

歯の浮くようなヨイショ本『総理』(幻冬舎)。安倍首相と著者が一体化したような表現が目につく。

著作の発行人はこれまたアベ友の見城徹。不起訴になることが分かっていて発行したのである。起訴されれば莫大な損失となるからだ。

 ヨイショ本『総理』の発売までの時系列が、権力犯罪であることを証明している。

 議連事務局長の森ゆうこ議員(自由)が釘を刺すのを忘れなかった。

 「個別の案件につき対応できないといういつもの言い訳は、
今回通用しない。
きちんとした説明で国民の疑念を晴らす。
説明責任というのが今、求められている。

だからここで答えられないと言って帰ってしまうのではなく、
官邸と相談して下さい」。

141.png 警察官僚は「官邸に相談する必要ない」と突っぱねた。
あくまでも官邸の関与を否定する構えだ。
145.png安倍一強の中核を占める警察機構が、
力づくで権力犯罪を揉み消してしまうのだろうか。

133.png
166.png166.png166.png166.png166.png166.png
152.png
133.png108.png133.png133.png133.png133.png



[PR]
# by natsutou5738 | 2017-11-23 20:51 | 森ゆうこ山尾しおり辻元きよみ

 上間陽子さんが見た、 うるま市女性暴行殺害事件初公判傍聴記

殺人を犯していながら、殺意がなかった、と言って罪を逃れようとする被告は

元米海兵隊員で軍属だったシンザト・ケネス・フランクリン被告(33)


このような酷い事件は米軍や基地があるからこそ起きて来た、といえる。

公平さ、公正さから
みれば、あきらかに
米軍に何もいえない
安倍政権の弱腰
であり、
日本政府にも責任があるといえる。

・・・・・・・・以下一部、引用させていただきます・・・・・

沖縄タイムス+プラス ニュース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【傍聴記】

「良き隣人」占領いつまで 

上間陽子さんが見た、

うるま市女性暴行殺害事件初公判


弁護士は、事件を基地とリンクして考える県民もいるだろうが、裁かれるのは被告であり、一人の人間であるとした。
そして被告や弁護士は、殺意はなかったという言葉を繰り返した。


被告は一日の仕事を終えて自宅に戻り、それからドライブに出掛け、ドライブ先のコンビニエンスストア前で、すれ違いざまに彼女の顔をみかけたら強姦(ごうかん)したくなったと。気絶させて、彼女をトランクに詰めてホテルに連れ込み強姦するつもりだったと。

スラッパーとよばれる鉄と鉛でできた打撃棒で何度も彼女の頭を殴ったけれど、彼女が気絶しなかったため、草むらに連れ込んだと。

 そのとき彼女が倒れたので、頭部をどこかに強く打ったのではないかと。それから、倒れた彼女の首を両手でしめ、強姦しようと思って下着は剥ぎ取ったけれど、強姦はしなかったのだと。(省略)


 これらのすべては偶然起きたことであり、被告にはまったく殺意はなかったのだと。

(以下、省略します)

・・・・・・

昨年4月にうるま市で県内在住の女性=当時(20)=を暴行し殺害したなどとして、強姦(ごうかん)致死、殺人、死体遺棄の三つの罪に問われた元米海兵隊員で軍属だったシンザト・ケネス・フランクリン被告(33)の裁判員裁判の初公判が16日、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)であった。

ケネス被告は罪状認否で「強姦致死と死体遺棄については、有罪と認める」と述べた一方、「殺すつもりはなかった」として殺人罪の起訴内容を否認した。

検察側は冒頭陳述で「暴行現場で被害者の後頭部を棒で殴り、首の後ろ付近をナイフで刺したりした行為などから殺意が認定できる」と指摘。

「計画的かつ身勝手な犯行で、遺族の処罰感情は極めて強い」と述べた。

 これに対し弁護側は冒頭陳述で「暴行現場で被害者を刺してはいない」と反論。棒で殴り、首を絞める行為についても「被害者が亡くなる危険性が高い行為とは言えない」とした。その上で「検察側が主張する暴行態様を認定できる証拠はない」として、殺意を否定した。

 また「連日多くの報道がされ、事件に抗議する県民大会も開かれたが、裁かれるのは米軍や基地ではなく被告人だ」と指摘。「公平公正な立場に立って冷静に臨んでほしい」と裁判員に求めた。・・・・・・・・・

[PR]
# by natsutou5738 | 2017-11-19 18:56 | いじめ・冤罪・亀岡漏洩

国連公認誌に麻生太郎氏「うば捨て」題材コラージュの怪


こういう扱われ方は麻生氏の日ごろの「口害」言動からすれば、
仕方ない?
でもね・・・?

・・・・・・・・引用・・・・・・・・

「姥捨て」題材コラージュに麻生氏の顔写真 国連公認誌

2017年11月18日

朝日新聞

国連公認の月刊誌「UNスペシャル」10月号に、老人を山に捨てる「うば捨て」を題材にしたコラージュが掲載された際、麻生太郎副総理兼財務相の顔写真が用いられていた。在ジュネーブ日本政府代表部が「我が国の要人に関して不適切だ」と申し入れ、編集部はPDF版の写真を差し替えた。

 この雑誌は英語と仏語で記され、編集部はスイス・ジュネーブの国連欧州本部にある。「ジュネーブにおける国連と世界保健機関(WHO)の国際公務員の公式雑誌」とされ、公称1万500部。国連関係者や各国政府代表部などに配布されるほか、ネット上にPDF版を掲載している。

国連公認月刊誌「UNスペシャル」の10月号に掲載された「オバステ」と題された記事。「麻生太郎 姥(うば)捨て」と日本語で記されたコラージュが添えられていた© 朝日新聞 国連公認月刊誌「UNスペシャル」の10月号に掲載された「オバステ」と題された記事…

 記事は長年勤めた元職員の待遇について触れ、1958年の木下恵介監督の映画「楢山節考」で描かれたうば捨てのようにならないように、と警鐘を鳴らしたものだった。

 日本政府代表部の申し入れを受けた後、PDF版について、コラージュを1983年の「楢山節考」(今村昌平監督、緒形拳主演)の画像に差し替えた。(ジュネーブ=松尾一郎)






[PR]
# by natsutou5738 | 2017-11-18 18:57 | 日本国民の名誉

気象変動に資金面でCIAが貢献しているという噂は?!

「気象操作を軍事兵器として使用していることをCIAが認める」
という記事を2016-01-24にアップしましたが、再録します。

だって、今年の梅雨はカラカラだったのに、
秋になってまるで梅雨のような雨続きですカラ。

「戦時中は
気象変動が戦略だった」ということは、
その予行演習がひそかにおこなわれている、と考えられません?

149.png

149.png160.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・引用・・・
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/854.html

たとえばHAARP
これは電離層に過剰にエネルギーを照射することで大規模に気象を改変させる潜在力を秘めており、アラスカに設置された。これには数億ドルがつぎ込まれている(建設には2億9000万ドル)。実際のところ、空軍はそのような気象変動実験は可能なだけでなく実際に行われており、過去にも行われたと認めている。

Daily Mail紙:「教授によれば、CIAは同報告書へ資金提供することを望んでいるが、それがあまりにも明らかになるのは避けたいという旨を、CIAがロボック教授の同僚に伝えてた、という。


ロボック教授:『CIAは全米科学アカデミーの報告書の主な資金提供元であり、そのため私は一体誰がコントロールしているのかと本当に心配になっています』」


長年に渡り、気象を変動することは戦時中の戦略であった


(以下略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

141.png
149.png
159.png159.png159.png159.png159.png159.png


155.png

[PR]
# by natsutou5738 | 2017-11-18 14:55 | 戦争も原発も美しくない

もりとも・かけい事件は何処に?!

もりソバかけソバ的に
この事件はまだ盛りあがっている。なかなか減らないてんこ盛り
疑惑なんである。
以下のアドレスをご覧いただいて、首相の終章部分を思い描くしか国民はなすすべはないのか、
嗚呼、もり~♪かけ~♪

.....引用させていただきます・・
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/111600119/

小田嶋隆
モリカケ問題が沈静化しない理由

加計学園は、解明されることによってではなく、むしろ解明に向けた説明を拒んだ人々の狭量さを明らかにすることによって、現政権の問題点を浮かび上がらせている。その意味で、大変に稀有な事件だ。

 そもそも、森友・加計学園問題と呼ばれている一連の疑惑が与野党間の対決的な争点となったきっかけは、安倍晋三総理が、
2月17日の衆議院予算委員会の答弁で

 「私や妻が関係していたということになれば、まさにこれは、もう私は総理大臣も、そりゃもう、間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい」

 と断言した時点にさかのぼる。
 安倍首相が、なにゆえにこんな大上段に振りかぶった宣言をカマしたのかは、いまとなっては謎だ。(以下略)
・・・・・・・・・・・・・・・
103.png103.png103.png103.png103.png103.png103.png103.png103.png

152.png153.png155.png155.png155.png155.png155.png156.png


[PR]
# by natsutou5738 | 2017-11-17 22:12 | 八木啓代 VS 検察

ツイッターの優れている点を大新聞のデスクは知らないね

新聞は廃れていくだろうね。

印刷工場は108.pngカルトの新聞部門が
使うから
大新聞が真実を伝えないのは無理ないか

141.png118.png117.png133.png133.png133.png133.png



・・・引用させていただきます・・・

hillcrest0919 様

@hillcrest0919

籠池さん、前川前事務次官、詩織さん。
彼らは堂々と国民の前に姿を表した。
逃げも隠れもしなかった。
加計幸太郎、山口敬之は未だに雲隠れ。
誰が大ウソつきで
誰が真実を語っているか、
これだけで十分だ。





[PR]
# by natsutou5738 | 2017-11-14 20:54 | 自由とは



起承点点点・・・と何処へゆく?
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 06月
フォロー中のブログ
カカオ60%に

偏見とゆうキノコと

独断とゆうへーゼルナッツ

をかきまぜて

チョコレートのように

コクのある人生を

たべたい




ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧